ライトガイドの情報が満載!

ライトガイドの修理

ライトガイドの修理 ライトガイドが修理できるのかについてですが、結論としては消耗品として扱っているものもありその場合は直せませんが、中にはできるものもあります。
ただし、その場合でもメーカーが台湾など海外製のものが多いため直るまでにかなり手間がかかる傾向がみられます。
商品に不具合があった場合には、商品到着日から1週間以内に当店に連絡するとメーカーが直接対応することができます。
それ以後においては、ライトガイドを基本的には直すのはやや難しいです。
自分で直してしまった場合においては保証の対象外となっていることが多く、メーカー側では費用の負担などは対応できないと定められているため覚えておきましょう。
修理代金については、内容によっても異なるのでまずはメーカーの窓口に相談することになります。
お見積りに関しては行ってくれますので、代金次第で直すかどうか決めることになります。
全体的にライトガイド一個あたりの製作費用は高めですので、このことは留意しておきましょう。

ライトガイドの特徴と適切な買い替えについて

ライトガイドの特徴と適切な買い替えについて ライトガイドは、光の特徴の一つである反射を利用して透明な樹脂内に光を通して送る装置です。
ガイドに入った光は、樹脂の内面を反射しながら進み、入光部の反対側の出光部に到達します。
樹脂の原料としてはアクリルが多く用いられています。
光源は、メタルハライドやハロゲン化物、紫外線や赤外線が使用されます。
ライトガイドの用途は、医療の内視鏡や建築設備のインテリア照明・ディスプレイや各種検査装置用の照明です。
求められる性能は、径が細くて屈曲しやすい、遠方まで安定して光を送ることができることなどで、高い照度と均一性も重要な要素です。
最新のライトガイドは、光源としてLEDが用いられているので、小電力で長期にわたって安定した発光が期待できます。
LEDの電源は従来の交流100Vだけでなく、太陽光発電パネルや蓄電池なども利用できるので、用途が格段に広がっています。
また、反射性能の高い樹脂の選択と原料の配合も性能向上に貢献しますので、開発が盛んに行われています。
既存のライトガイドをメンテナンスして使い続けることも大切ですが、日々進化している製品なので最新の機種に買い替える選択もできます。