ライトガイドの情報が満載!

光ファイバーのライトガイド

光ファイバーのライトガイド 「ライトガイド」とは、光源装置の光を目的のところまで伝導するためのものです。
顕微鏡や検査、センサー、照明などの用途に使われています。
ライトガイドは、数百~数万本の光ファイバー素線を束ねたもので、それをSUS(ステンレス)製の保護菅で被覆してあります。
そしてその両端(入射側、出射側)には口金が取り付けられています。
光ファイバー素線の材質は「石英ガラス」「多成分ガラス」「プラスチック」です。
それぞれ「非常に高価だが、透過率や耐熱性に優れている」「高価であるが、耐熱性・耐湿性に優れている」「耐熱性は劣るが、曲げに強く安価で使いやすい」といった特徴があります。
その特徴や用いる光源の種類に合ったものを使用して作られています。
両端の口金の形状も、用途に合わせ様々です。
「リング型」や部分的に照らす「スポット型」は、顕微鏡などで使われます。
「面発光型」は照明などに、スリットが入った「ライン型」は検査やセンサーなどに用いられています。

ライトガイドは高性能で様々な環境で役立ちます。

ライトガイドは高性能で様々な環境で役立ちます。 ライトガイドは高性能で様々な環境で役立ちます。
ライトガイドは新しい光ファイバーです。
今医療の世界などでその力を発揮しています。
内視鏡などで狭い場所を明るく照らす用途で使われる機会が多いです。
ライトガイドはこれからの時代にますます必要になるでしょう。
また、インテリアとして使われる方もいます。
恋人とロマンチックな部屋を再現するのにも向いています。
検査装置用の照明としても良いでしょう。
いずれにしても、これから使い方は様々な方法が生みだされるはずです。
特徴はムラのない均一の明るさを得られることや、高照度・高均一性照明が可能です。
現場では少しずつ活用され始めていますし、この製品でなければ駄目だと言ってくれるお客様もいます。
見積りを出すことが出来るので気になったお客様は遠慮せずにご連絡してほしいです。
お客様の光の悩みを解決することが出来ると思うのです。
ぜひ、詳しい製品のご説明だけでも聞いて欲しいです。