ライトガイドの技術

ライトガイドの技術

ライトガイドの技術 自動車のヘッドライトやウィンカーはこれまでのハロゲンランプから、より省電力で超寿命のLED化が進んでいますが、さらに効率化を図ることができるのがライトガイドの技術です。
光学シミュレーションの3D画像を駆使しLEDから発せられた光がライトガイドに照射され、反射した光が集中してレンズから外部へと送出されより強いものとなるように開発が行われました。これにより完成したライトガイドの効果でLEDの数を削減しても同様の光を照射することが可能となり、消費電力をさらに削減できるようになっただけではなく、部品点数が少なくなることで生産や整備の際の工程を減らしたほか、故障率も低くなりました。また、複数のLEDが重なったときに生じる光のムラや乱反射によるズレも生じなくなり、ドライバーにとっても歩行者にとっても質の高い明かりを生み出すことに成功しました。これらのライトガイドの技術は自動車だけではなく、産業用製品などさまざまな分野で応用されています。

情報及び安全性について

情報及び安全性について ライトガイドとは、光ファイバーの一種で、光を送ることを目的とし、優れた分光透過性を持つ多数のガラスファイバーを束ねたもののことをいいます。ライトガイドと聞いても、利用されている場面がすぐには思いつかないですが、実は私たちにとってとても重宝されているものなのです。
一般的に利用されている場面は、内視鏡などの普通の蛍光灯は使えず、とても小さくなおかつ周辺を明るく照らす特殊な形をした光を必要とし、その光源により消化管内などの検査や手術などをよりスムーズにさせるために利用されています。そして何より医療分野で使われているため、ライトガイドは安全であるのかが気になるところです。したがって、ライトガイドの製品には必ず詳細な取り扱い説明書や使用方法ガイド等があり、それに記載されている、必ず消毒・滅菌等を行うことが義務付けられているなどの正しい使用方法を、正確に取り扱い説明書等に則って利用することで、その安全性は高い状態で保たれています。